読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何もしない、ということ。

今いるシェアハウスの契約書によると(というのも僕は契約書を受け取っただけで、まだ正式な手続きは交わしていない)家賃は三万円程だ。
個室なのと光熱費家具家電付きなのでこの値段なのだが、実を言うとこれに食費も含まれているものと僕は勘違いしていた。
おかげでこの連休三日間ろくなものを食っていない(持参していた食品しかない)のだけど、その件については後で管理人と話すとして、大事なのは一か月にかかる費用だ。

食費を一万くらいに抑えれば、スマホ代やその他諸経費(健康保険やたまに買う薬代とか)含めて五万円に抑えることができる。
というか、五万に抑えないと生活が厳しくなる。僕の収入見込みがそれくらいというのもあるが、仮にもう少し稼げたとしても、今度は健康保険と国民年金(現在免除中)が重くのしかかってくる。

僕は自分のことを低スペックと呼ぶことが多いのだけど、これには二つ意味があって、一つは文字通り僕の能力があらゆる分野において低いということ、そしてもう一つが、低スペックである故に消費が少ないという意味合いも込めている。
酒やタバコはやらないし、ゲームは好きだが課金はしない。アニメも見るだけならお金はかからない。アニメにハマることはあってもグッズを買ったり、コミケに行きたいとも思わない。

僕が生きていくうえで大切なのは「何もしない」ということだ。
幸せになるために何もしない。
成長するために努力しない。
誰かと仲良くなるために、愛想良く振舞わない。
そういった一般的な価値あるものを拒絶し、精神的にも、物理的にも引きこもる。
まぁ物理的な引きこもりは断念せざるを得なくなったのだけど。

外は雨が降り続いている。お茶の葉がないのでひたすら白湯を飲む。