読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時給300円の男

タイトルがすべてを物語っているんで以下蛇足。

 

土日のせいか、提案したクライアントからは音沙汰なく、ひたすらタスク案件をこなしていた。ここ最近立て続けに単価5円程度だが一瞬で終わる謎案件が頻発していて、実績稼ぎにも丁度良かった。

 

ランサーズを知らない人もいると思うので補足すると、ランサーズではタスク案件の承認率というのが表示される。これが95%を下回ると、受けられない案件が出てきてしまう。この数日の作業で承認率をかなり上げられたのは良かったと思う。

 

しかし、時給300円である。

しかもこれが自虐的に述べていて、内心かなり落ち込んでいるとかならまだいいのだけど、正直、仕事があるだけマシと思っている自分もいる。

1月になってからだろうか、ここ最近まともなライティングの募集はかなり減ってきている。クリスマス商戦が終わった影響はこういうところにも出るんだろうか。

 

なんにせよ、仕事を確保しないといけない。貯金は目減りしていく一方だ。

ライティングに時間を費やす

3000字のテスト依頼にほぼ二日かかってしまった。

慣れてくれば一日でいけるはず。受かるかは神のみぞ知るという感じだけど、マニュアルのルールは抑えたのでたぶん大丈夫なはず。

 

しかし、慣れたとしても、記事の執筆に下調べも入れるとやはり一日はかかりそう。

週五で記事を書いたとして、月に稼げる額は6万円程度。こっから手数料やらが引かれると、やっぱり稼げる額は月5万に落ち着く。

この額はニートの収入としては十分だけど、一人で暮らしていくには少し厳しい額になる。たまに美味しいタスク案件を拾いながら、ライティングのスキルを高めていくしかないかな。

 

移動の費用やら食材の買い込み、それに部屋にちょっと足りないものが幾つかあるので、出費は結構かさんでいる。とにかく今は経験を積んでいこう。

買い出し

管理人さんの車で食料品の買い出しに最寄りのスーパーまで行ってきた。

(最寄りと言うには遠いし、スーパーと言うか道の駅っぽい気もするが、その辺を詳細に記すのもアレなので、わかりやすく簡潔に書いてみた)

田舎なので地場産の商品が安いという期待と、田舎なので物流コストがかかって高いという不安は、やや後者に軍配が上がった感じなのだけど、特売品もそれなりにあった。

購入したのは白菜一玉178円。

無謀にも一玉で購入した。

 

冬という季節のせいか、全体的に野菜の値段は高め。

その中で白菜だけはダントツに安かったので、これを一つ買う。

これを一つ買えば十分だろう。

十分すぎる。

 

もちろん他にも買い込んだのだけど、買い物袋の大きな割合を占めたこの白菜を、どうやって食べたらいいものか途方に暮れている。

まいにち、はくさい。

ぼくのしゅしょくははくさいなのです。

思わず幼児化して現実逃避してしまう量だ。

 

切り分けてシェアハウスの他の住人(こちらも冬という季節のせいか、そもそも極めて人が少ない)にプレゼントするという名案も一瞬浮かんだが、しかしどうだ、最初のおすそ分けが切り分けた白菜というのは、あんまり良くないんじゃないだろうか。

なので、僕の主食は今日から白菜だ。幼児化せずこの現実を受け入れよう。

 

ランサーズで提案したクライアントからメールが来ており、とりあえず直接依頼という名のテストを受けることになった。受かれば文字単価1円なので頑張ります。

何もしない、ということ。

今いるシェアハウスの契約書によると(というのも僕は契約書を受け取っただけで、まだ正式な手続きは交わしていない)家賃は三万円程だ。
個室なのと光熱費家具家電付きなのでこの値段なのだが、実を言うとこれに食費も含まれているものと僕は勘違いしていた。
おかげでこの連休三日間ろくなものを食っていない(持参していた食品しかない)のだけど、その件については後で管理人と話すとして、大事なのは一か月にかかる費用だ。

食費を一万くらいに抑えれば、スマホ代やその他諸経費(健康保険やたまに買う薬代とか)含めて五万円に抑えることができる。
というか、五万に抑えないと生活が厳しくなる。僕の収入見込みがそれくらいというのもあるが、仮にもう少し稼げたとしても、今度は健康保険と国民年金(現在免除中)が重くのしかかってくる。

僕は自分のことを低スペックと呼ぶことが多いのだけど、これには二つ意味があって、一つは文字通り僕の能力があらゆる分野において低いということ、そしてもう一つが、低スペックである故に消費が少ないという意味合いも込めている。
酒やタバコはやらないし、ゲームは好きだが課金はしない。アニメも見るだけならお金はかからない。アニメにハマることはあってもグッズを買ったり、コミケに行きたいとも思わない。

僕が生きていくうえで大切なのは「何もしない」ということだ。
幸せになるために何もしない。
成長するために努力しない。
誰かと仲良くなるために、愛想良く振舞わない。
そういった一般的な価値あるものを拒絶し、精神的にも、物理的にも引きこもる。
まぁ物理的な引きこもりは断念せざるを得なくなったのだけど。

外は雨が降り続いている。お茶の葉がないのでひたすら白湯を飲む。

躁鬱の乱高下

ブログでは淡々と書いているようになってしまっているが、この二週間は躁鬱の乱高下が激しく、自分で行動をコントロールできないような状態だった。

頭痛の原因を僕なりに考えると、ここにあるように脳内のセロトニンが急激に変化して引き起こしたのじゃないかと思う。

yakb.net

リンク先は無職の味方、ゆうメンタルクリニックの漫画だ。

 

体調不良及び頭痛、ついでに一円パチがお客で大半が埋まっていて台選びがほとんどできず、空き台に座っても釘が渋すぎるという傍目にも酷い状況がなければ、案外僕は正月全ツッパで早々に人生積んでいたかもしれない。そう考えて頭痛に感謝している。

 

今はとにかく寝ている。寝ていて楽なわけではないが、急激に頭を動かすと(と言っても、立ち上がるとかしゃがむとかそのレベル)痛みが酷くなるので、なるべく動かないようにしている。

何もすることがない

ランサーズをまめに覗いては少額のタスク案件をこなしている。

いくつか提案しているプロジェクト案件はあるのだけど、返信が来るのはたぶん連休明けだ。まったくもってやることがない。

頭痛に関しては薬を飲めば多少は和らぐが、痛みは続いている。家を出てから健康に黄信号が灯るとか一体何の冗談なんだろう。まったくもって笑えない。

やることがないのでブログを更新しようとこうして文章を書いているのだけど、さて自分はなんのためにブログを始めたのか、よくわからなくなっている。

「なんのために生きているの?」と聞かれてもよくわからないのが僕なので、ブログを書く理由もわからなくて当然だ。

なんだか疲れている。

昨日の補足

ブログは日記なのだからその日のことを綴るのが当然なのだけど、ただ「ああしたこうした」と書いてしまっているので、「なぜそうしたのか?」「どうやってそうしたのか?」といったことが抜け落ちてしまっている。
昨日のブログを読み返して、ちょっと酷いなと思ったので補足する。

 

昨日、僕は昼過ぎ頃にはシェアハウスの管理人との待ち合わせ場所の駅まで辿り着いていたのだけど、体調はかなり悪かった。
管理人の車に乗せてもらったときに「身体大丈夫?」と聞かれたので、正直に頭痛がすることを伝えると、「先に病院に行こう」と言われた。
シェアハウスに着いてしまうと、そこから病院に行くのが大変らしい。ということで、そのまま病院に立ち寄ってもらい、その後でようやくシェアハウスに到着できたという流れだ。

 

そんなわけでようやくシェアハウスに到着し、今は身体を休めています。
疲れが取れて落ち着いたら、少しずつ今の生活と、今に至るまでの話を書いていこうと思います。